今朝は、
愚息の通う、

太宰府東小学校の
『秋のふれあい祭』
で使う食券作成に
参加。

雨で暗い・・・。

ひたすら、
食券の連番記入、
マーカー色付け
ハサミで切り離し・・・

そんな中、
やはり気になるのは
仕事の進め方。

作業の速い遅い、
得意、不得意は
あるものの

各自、与えられた
仮の割り当てが
終わったあと

雑談をする人、

ぼーっとする人、

他人の作業を
眺めるだけの人・・

一方、
人の仕事を
減らそうと

てきぱきと
仕事を自ら
もらい、

早く全体の作業が
終わるように
最大限、動く人。

おそらく
仕事場でも
同じなんだろうなぁ。。

時給制だから
なんとなく時間が来たら
「お疲れ~!」

と帰る人がいる反面、

時間ギリギリまで
できることがないか
考える人、

時間給以上の仕事をして
成果を返せるように

知恵を使い
気を配り、
自ら汗をかける人がいる。

『働き方改革』

とか言われていますが
効率化を考えない人に
働き方改革をすると
ラクをしようとするだけ。

経営者は
そうならないように
仕組みを作りますが。

また、最近、多い、
従業員確保のために
誰でも彼でも
正社員化するのも違う。

本人の意識が高く、
『覚悟』
のできた人にのみ

その権利は
与えられるもの。

逆に言うと
いわゆる『正社員』

(本来、このような雇用形態はなく、
『無期雇用の社員』)

と言われる人が
非正規になることも
並行して行わないと

会社の原資が減り、
減益になり、
成長への投資も減り、

将来的に
雇用がなくなる可能性も
はらみます。。。

話がそれましたが、
PTAで気づいたこと、

これって、
勉強している
生徒の姿勢と
同じだなぁ。

受け身で、

与えられた課題が終わっても
ぼーっとしている生徒や

親と一緒でなければ
動こうとしない中学生、

自分が疲れたら
やたらと友達に
話しかける受験生

等々と
重なりました。

やはり、
人生の方向付けの
最初のチャンスは
中学生。

その方向付けが
できているかどうかは

親の10年近い
関わり方で
大筋できているのです。