昨夜は
妻が友人との飲み会
だったので
愚息は、南大利の
妻の実家にお泊り。

五条台の我が家には
元気な祖母(私の実母)が
同居しているものの

愚息のお泊りは
我が家の恒例行事、

というか
日常茶飯な出来事。

よちよち、
立つか立たないかのころから
預けて泊めており

今では
月に多い時で
3回ほどはお泊り。

今回、
昼ごはんが
彼の大好物!

『そば』

しかも、
彼が一番、はまっている

『わんこそば』

とはいえ、
岩手でもないのに
そんなものが
ここ福岡にあるはずもなく

祖母は
小さなお椀をかき集めて
彼に給仕。

わんこそばの
決まり文句、

「はい、どんどん♪」

「はい、じゃんじゃん♬」

という風に
次から次へと
そばを入れていったかどうかは
定かではないが、

祖母ならやりそう・・・

そういう家系、
家風である。

しめて11杯!

やってもたー!!
食べさせ過ぎたー!

と感じた祖母は
即、銀行に行く用事がてら
散歩に連れ出す。

南ヶ丘から牛頸までの
急に昭和に戻ったような
懐かしい田畑の中を
散策。

川で魚を捕る人に
出逢い語らう愚息

愚息から
仏の座の花を教えてもらった!

と喜ぶ祖母。

みんな大満足で
腹ごなしも終えた後

ワンカルビで
ロース6枚
食べたらしい・・・。

いいなぁ・・・

わたし、
行ったことない・・・😢

「うらやましい
 行ってみたいな、
 ワンカルビ」

あ、そういえば
先日の
愚息の作文の最後に
書かねばならない
5・7・5
の文章。

カラオケに行った後で
書いたからか・・

「星野源
 まねしてみたら
 吉野源」

確かに・・・・(-_-;)