書評どおり
帯コメントどおり

「面白い!」

宮沢賢治への
父親としての
愛情と距離感。

男親が息子に対する
感覚は、やはり
こうだよなぁ、
と実感。

冒頭から泣き、
エンディングでも泣いた。。。

愚息にも
こんな感じだなぁ、

小1の今にして・・・。