とは、よく言ったもの。

仕事だけでなく
勉強でも同じ。

学力≒成績

が上がりにくい生徒は

先人のやり方を
勝手に、
『楽な』方法に変える。

手を抜く。

学力が上がる生徒は

さらに
『効率を上げる』ために

先人の知恵に
自分なりの工夫を
取り入れる。

こればかりは
幼少期の生きざまや

家族の思考、行動を
見て『学習』し

『習慣化』しているため

中学生になってから
一朝一夕に
変わるものではない。

変わらないから
強引にやり方を
教えてしまう。

悪循環。
いたちごっこ。

小学生のときから
主体性をもって

失敗しても
壁にぶつかっても

くじけず、
何度でも立ち上がる

『胆力』

を身に着けてほしい。

『たんりょく』?