いよいよ、冬休み。

宿題をぎりぎりまで
終えなかった私としては

早くに終えて
のんびりしている人を

すごいなー、
と思っていました。

つい先日まで。

しかし、
本当に
そうなんだろうか??

先日、5年生の生徒さんが

「宿題を三日で終わらせて、
 あとは、遊んで、旅行!」

と嬉しそうに語っていました。

非常に計画的でよいのですが、
三日で終わらせたら
休みの残り、十日ほどは

その生徒はまったく勉強しない模様。

学校もなく、
主体的に家で、何か
問題集をするわけでもなく。

「人間は、忘れる生き物である」

とは、いまや常識。

1週間で
8割近く忘れます。

休み明けのテストで

「あれ~? やったのになぁ・・」

と頭を抱える原因のひとつは
これかもしれません。

あ!

ギリギリにやるよりは
いいんですけどね(^^;

毎日することと、
勉強する量
(=トレーニング量)

の問題です。

スポーツでも
筋トレでも
ジムでも

ある程度の負荷を
かけないと
力は着きませんし、
やせませんよね(^_-)