最近、増えています。

ただ、そういう方を
見ていて感じるのは

「まじめで優しい」

「まじめ」だから

ちょっと学校で納得のいかないことが
あったり、

わからない勉強があると

真剣に考えてしまう。

「優しい」から

周りの人のことも
必要以上に
考えて気を遣い

時に自分の主張を
強く、ゴリゴリ押すことをしない。

そんなこんなで
次第に足が遠ざかる・・・。

ただ、そんな子供たちが
ここで勉強を始めると

一様に
学びをむさぼる。

真面目に
きっちりと覚えようとする。

繰り返す。

あきらめない。

逆に、学校になんとなく
いっているであろう生徒は

学校でも、なんとなく聞いて
わからなくても席にいて

ここにきても
吸収しようという意欲が
なくなっているので
なかなか、伸びない。

そう考えると
学校に行かない選択をするのは

とても真摯な、
自分に誠実な生き方なんだ

と改めて感じる、
今日この頃。

そんな方がおられたら
ぜひ、この場に
一歩、踏み出してみてください。

すこーしずつ、
みんな学校に行き始めてます(^^)/

自信がついてきたのかな?

ちなみに、
自信とは

自分を信じることが
できる、

ということ。

新たな出会いに感謝!