今日は、紫駅直結の
九州産業高校へ!

最近、制服が変わり
女子から人気の高校です♪

珍しい首元の夏服

人気の王道、冬服

80名近い参加者で
他校の説明会より
活発な質問が出ていました。

それだけ、受験者が多いと
いうことでしょう。

私立高校ですので
専願もあるものの

普通科は
公立高校との
併願がほとんど。

どのコースは
どこの公立を受けてきた
生徒さんが多いですよ、

という話がリアルに
わかりやすかったです。

話し方も非常に
御上手。

あと、会の冒頭に
スタッフ紹介があったのも
こちらだけ( ◠‿◠ )

ただ、どこの説明会に
伺っても気になるのが

『学業奨学制度』
のお話。

政治の世界でも
話のでる、

大人になったら
返還する、

または、
返還しなくてもよい
給付型、

とか言われる

『奨学金制度』

とは異なり、

家庭の経済状況とは
関係なく、

成績優秀者が
無料で高校に通えて

場合によっては
塾や予備校に通う
費用まで面倒を
みてもらえる。

最近、
なぜか使われなく
なりましたが

『特待生』

のことですね。

確かに、
生徒の保護者さんに
とっては、
ありがたいことですし、

高校にとっても
大学合格の実績が
作れる

という、
Win-Winの関係なのですが

そのお金、
誰が負担しているのだろう?

といつも疑問に思います・・・。

学習塾でも
似たような制度は
ありますが・・・(-_-;)

あ、余談ですが、
九州産業高校さんは

河合塾さんが
夕方から3コマ

コースによっては
英数の追加授業を
してくださるそう。

その費用は、
特に必要なし。

・・・やはり、

誰がこの費用を
負担している
のだろう・・((+_+))