いまや私だけでなく、

塾生、
特に受験生の愛読書
になりつつある、

『ドラゴン桜』
にも、書かれていました。

昨日のブログに
書かせていただいた
『計算の心構え』

 

例えば、次のように・・・

 

出典『ドラゴン桜』

「数学の不得手な子の答案は
横に長くなっていく」

ふむふむ・・・

 

一方・・・

 

再び出典『ドラゴン桜』

 

「数学の得意な子の答案は
・・・・・・・・・・
自然と計算や解答が
縦に長くなっている」

確かに・・・・・

ということは!?

 

三たび出典『ドラゴン桜』

 

ということらしいです(^^♪

 

計算でも
そろばんでも、
姿勢の美しい、

書き方、
珠のはじき方が
きれいな生徒は

自然にできるように
なります。

いまも、
そろばんを学ぶ
小学3年生の
頑張りに、

きっと
中学3年生が
刺激を受けた
ことでしょう(^^)/